日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2017.03.20 Mon
2017.03.20

あくまでも一例です。他にも色々な方法で行うことができ汎用性が高いのがガーミンGPSの良さであると思います。ルート検索がおバカだったりメニュー階層が?なトコロ、警告が画面を覆って地図が見えなくなるとかダメなところも多々あるんですが(笑)

GoogleMapでお気に入りの☆印を付けることって良くあると思いますが、以前はそれをそのままエクスポート出来ました。しかし何年か前よりマイマップに機能が移行されています。ですのでエクスポートしたい(GPSに登録したい)場所はマイマップで再度検索し登録しておきます。
自分の場合はカシミール3Dでポイントの保存管理しているのでマイマップはあくまでエクスポート用途としか使用していません。20170320_gmap01.jpg

前述のとおりGoogleMapにはマイマップという機能がありますのでこれを利用します。20170320_gmap02.jpg

マイプレイスからマイマップを選択。Gmailの添付ファイル同様GoogleDriveの容量を使って保存されます。20170320_gmap03.jpg

便宜上名前は”2017_03”としています。名前はいつでも自由に変えることが出来ます。新規作成も削除も簡単です。20170320_gmap04.jpg

ポイントを保存したマイマップから.kmlでダウンロードして適当なところに保存しておきましょう。20170320_gmap05.jpg

余談ですがマイマップ上で名称等好きなように編集することが出来ます。名前だけで判別できる場合は必要ありませんが、店名に括弧で「そば」とか「海鮮」とか付け足しておくと見やすく判りやすくなるわけです。20170320_gmap06.jpg

こんなふうに。20170320_gmap07.jpg

カシミール3Dを導入しておきましょう。
20170320_gmap12.jpg

カシミール3Dを起動してGPSデータ編集から。20170320_gmap08.jpg

追加読み込みで先ほどダウンロードしておいた.kmlを読み込みます。20170320_gmap09.jpg

既に読み込んだ後ですがこんな感じです。アイコンはポイントを選択して(複数同時可能)プロパティから変更できます。ガーミンGPSアイコンの中から選択できます。(機種によってカシミールから選択できるアイコンは少し少ない場合があるようですが)20170320_gmap10.jpg

当然ですが名称等もカシミール3Dから編集可能です。
20170320_gmap11.jpg

GPSデータエディタよりGPSへのアップロード(↑のマーク)を行うことが出来ます。その際に.gpxでエクスポートしてやります。zumo660の場合その後起動すると「新しいデータが見つかりました。インポートしますか」と聞いてきますのでインポートしてやって完了です。GPSMAP62SJの場合は.gpxファイルを書き込んだだけで地図上にポイントが反映します。

ルートも当然インポート出来ます。その場合ルートとしてではなく軌跡(zumo660の場合Offroad Tracks)として読み込んで表示させています。そこにGPSに検索させたルート案内を別に行い、都度当初のルート(表示されるのみの軌跡)からの回避や復帰を選んで走行しています。
非常に高い機能をもつカシミール3Dからすると本来の使い方ではありませんが、自分は主にこのように活用させて貰っています。作者のDAN杉本さま、ありがとうございます。

20170320_gmap12.jpg

地図はOSMから自分で変換したものを使用していますが良かったらお使い下さい。最新のものでは開通した圏央道(境古河~つくば中央)も反映しています。
使い方は上記リンクからDL、解凍したgmapsupp.imgを本体\Garminフォルダ内に配置するか、SDなどの外部メモリにGarminフォルダを作成しその中に配置するだけです。gmapsupp2.imgなどとリネームしても動作します。これだけです。
ただし、日本詳細道路地図(シティナビゲーター)等のルーティング可能な地図と併用しながらルート検索を行うとフリーズすることがあります。詳しくは過去の記事の追記部分をご覧ください。

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
Template by まるぼろらいと