日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2017.11.13 Mon
2017.11.03-04

いや~、あるもんですね、コケることも(笑)前のT-Maxではきわどいことも何回かありましたが手放すまで結局一回も転倒しませんでした。言い訳がましいけれど地面が泥だったのでF8GSアドベではあっさりとやっちまった!!今回は近間の群馬県でと打ち合わせて上野村の野栗キャンプ場でOPM♪さんと待ち合わせ。薪ストには早いかな…ということで今回はまだおあずけです。野栗キャンプ場

秩父の肉の安田屋に9:00amの開店にあわせて到着するも、おばちゃんは肉をカットできないらしく職人さんの出勤を30分ほど待ちました。待っている間にすぐ隣のスーパーベルクでお買い物♪待たせてゴメンとおばちゃんから缶入りのお茶を頂きました。秩父市 安田精肉店 ぼたん肉 猪肉

小鹿野~神流町と299を気持ちよく流して行きます。私と前方のZ31(ノーマルで綺麗に乗ってる2ケタ3ナンバー)をえげつなく抜いていったR1200RSに切れたのかZの人のスイッチが入ってしまい超ハイペースに(笑)。むかしと違ってマナーの悪いのは大抵大型二輪車のような気がするよ。桜井味噌店で2年ものを買って行きました。神流町 桜井味噌店

キャンプ場手前の野栗食品さんで受付をしていきます。バイクは500円でした。野菜は種類豊富でしたが肉や魚、惣菜の類は品数が少ないので事前に買い物して行ったほうが絶対オススメです。野栗キャンプ場


キャンプ場は3段構成になっています。そのまま入場し中段のサイトを通り最上段を見に進んでいきました。最上段へのアプローチは中段奥で鋭角に曲がりすぐ上り坂となっています。広くはなく奥にグループの方がいらしたので一瞬であきらめ、右に寄りながら反時計周りにUターンしようとした際、前輪が何かに乗り上げ右に落ちるように滑ると同時に後輪がスリップし始めあえなく左に転倒しました。重く重心の高い状態で推進力を失ったらもうどうしようもありません。(。・ ω<)ゞテヘペロ
荷物を降ろしパニアを外し起こそうとするも、手前に向かって低くなっていたり、何とか起こしたら木の切り株に当たって起こしきれず手前に引いてから起こさなければならなかったりと難儀していると、グルキャンの人が助太刀に来てくれ事なきを得ました。こりゃ山の中で一人の力でどうしようもなくなったらえらいこっちゃです。軽さは正義であることは間違いなく、こういう重量のあるバイクはそういうもんだと覚悟と節制が必要だと思い知った次第です。
F800GS Adventure

川沿いの最下段にバイクを移動させた後、荷物を手で運びます。こちらもぬかるんだ場所がところどころにありますが、概ね乾いて平らな場所がほとんどでした。入り口すぐにクルマも降りられるスロープがありますが、幅は無いので手前に誰かが設営したら奥はバイクしか入れません。入り口より2~30m先にバイクでなら昇り降りできるコンクリートで固められた細いスロープもあります。野栗キャンプ場

昼にと買ってきたオニギリを食べながらOPM♪さんの到着を待ちます。自分は全線下道で早朝出発したので渋滞ナニソレ状態でしたが、3連休初日の関越道の渋滞は凄かった模様。20171103-04_noguri15.jpg

フラットツインの音は独特なので静かな山あいに遠くから聴こえた排気音でOPM♪さんの到着がすぐ分かりました。さっそくコケちゃった報告(笑)20171103-04_noguri17.jpg

入り口スロープ脇には柿の木があります。遠くに見える山腹にも生えていたりします。鳥が食べて種が運ばれるのでしょうかね。紅葉もすすんでおり気持ちのよい時間を過ごすことが出来ました。野栗キャンプ場

嬉しいことに薪は使い放題です。但し十数㎝のキューブ状なので使い勝手はイマイチですが。野栗キャンプ場

自分はタガネを持ち歩いているので割るのは簡単でした。薪スト焚き火の箱Easyには丁度良い感じですが今回持ってきていないので。というかそれほど寒くなくマナスルヒーターすら使いませんでした。野栗キャンプ場

何となく買ったふいご(火吹き棒)がとても使えることがわかりました。野栗キャンプ場

10㎝未満と小さくなりスポットで空気を送り込めるので火力調節が非常に楽です。ステンレス製で錆びないと思われますが、使用すると先端から呼気中の水分がポタポタ垂れますので衛生的な理由により良く乾燥させてから仕舞ったほうが良いでしょうね。Maxboost(マックスブースト) ポケットふいご (専用収納ケース付き) [無期限保証] TMX11-SP21JR012



ぼたん鍋を作り始めます。出汁は茅乃舎の極みだしを使います。大根、人参、糸こんにゃくなどが煮えたら沸騰は抑えて味噌を溶きます。神流町 桜井味噌店



最後にぼたん肉を投入、火が通ったら出来上がりです。20171103-04_noguri04.jpg

OPM♪さんがギョウザを焼いてくれました♪全然焦げ付かないクックパーって凄げえ。20171103-04_noguri22.jpg



とてものんびりと、まったりした時間を堪能♪野栗キャンプ場

ぼたん鍋も出来上がりイイ感じだ~。美味かった~!!20171103-04_noguri23.jpg

谷間でもあり、さすがに暗くなるのが早いです。魚串にジョンソンヴィルのソーセージを刺し遠火で焼き焼き~♪20171103-04_noguri25.jpg



今回のおっさんたちの寛ぎの宴会スペース全景はこちらです。ぼたん鍋をお隣さんにおすそ分けしたのですが、後から私たちのところにいらして頂き面白い話をたくさん聞かせて頂きました。こういうのもキャンプの醍醐味かと思います。ホームだと仰っていた学校橋に行けばまた会えるかもしれません。20171103-04_noguri24.jpg

まったく、何時間だらだら呑んでいるのかという位まったりとした時間を過ごしたのち寝ることにしました。いつものようにヘリノックスのハイコットの上にファウデのマット、快速のCrew's Inn ライナーダウン400gと中にCocoonのトラベルブランケットでぬっくぬくでした。もちろんダウンインナーとパンツは装着です。翌朝の朝食は残りのぼたん鍋とマグロの照り焼き缶詰、厚焼き玉子と超豪華!!朝から充実の食事で幸せ~♪20171103-04_noguri27.jpg



早朝に目覚めてしまったのでヒマつぶしに焚き火していたので火があり、ぼたん鍋の汁が少し残っていたので織火で餅を焼き雑煮にしました。20171103-04_noguri28.jpg

いつもの何だかよく分からないポーズの写真も撮ったはずなんですが見つからないので無しです。最後にサイトと一番奥の竜神の滝のの360°写真です。



先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
Template by まるぼろらいと