日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2017.03.26 Sun
2017.03.26

前回の伊豆雲見キャンプマナスルヒーターを使用した際にタンクとバーナーの接合部から生ガス?が僅かに出てくるのが確認され、危険なので気付いてすぐ使用を止めるという事がありました。そういう訳でせっかくならパッキン類を全て交換してしまうことに。火力も良好で圧も掛かっていましたがこのままじゃ使えませんからね~。
そういえば一昨年清掃した際に、パッキンも近いうちに替えようかな…なんて思っていたけれど、近いうちに…がそのうちに…となり、もう2年以上経ってしまっていたんですね~。そもそも、このストーブは自分が小学生の時に誕生日祝いに親に買って貰ったモノで、すでに購入から40年近く経っているんですが一度もパッキンの交換なんぞした事はありません。よくぞまぁ今までもったなあ、という感じです。
早速パッキン類を探します。全てのパッキンを交換するつもりですのでセットになったこちらを選択。しかしながら逆流防止弁だけは外すのに専用工具が必要で、NRVパッキンの交換は今後の宿題となってしまいました。


新しいパッキンです。上のリンクのセットではそれぞれが2つづつ入っていますが、ジョイントパッキンは点火カップ(燃料用アルコールを入れる皿状のパーツ)を挟むように2枚交換しなければならないので、次回のメンテの際は改めてジョイントパッキン2枚を入手しなければならないという謎なセット(笑)です。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

これは注油口キャップです。100均ドライバーでグリグリほじくって古いパッキンを外しますがボロボロと割れてしまいます。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

最も強敵だったのはポンプの先端のナットです。トーチでかなり熱してやって何とか外れました。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

そうすると皮パッキンを挟んでいる部品が外れます。ボルトとナットのような感じで皮パッキンを挟むようになっています。廻すためにちょうど良いのがマイナスドライバーを横に渡してやる方法でした。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

ジョイントパッキンの固着はありませんでした。水をつけずに軽くボンスターで擦ったりしてパッキンの接触面やニップル付近のススを清掃しダスターで吹いてから新しいパッキンを装着します。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

問題があったと思しきタンクとバーナーの接合部の鉛パッキンもグリグリほじくり出します。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

パッキンがこんなにカチカチになるまで交換しないのは無謀だったかもしれません。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

昼なので見えにくいですが赤みはまったく無い青い炎でゴーゴー良く燃えています。タンクとバーナーの接合部からの生ガスらしき煙の噴出もみられなくなりました。各部を締める時の感触もパッキンの抵抗が感じられるしっかりしたものに変化しました。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

これでまた何年も使えるはずです。次回はいつになるかわかりませんが宿題となった逆流防止弁のメンテも早目にやるかな。見た目ももう少しきれいになるようにピカールとかで磨くのもそのうちやろうと思ってるんですけどね~(笑)

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
2017.04.02

某オクにNRVレンチとニップルレンチのセットが激安の\1,690で出品されていたので購入~♪手作り感あふれるプロダクツですが必要にして十分。何とこのお値段でさらにNRVバルブ付き!!(バルブ付きだったので今回助かることになったのでした)マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

タンクを真横にしないとNRVバルブが出てきてくれないので予めトランギアのフューエルボトルに灯油を移しタンク内を空にしておきます。バルブレンチでひょいっと捻ると簡単に外れてくれました。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

ばねの先についているゴムを交換します。ここまで簡単。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

ゴムを替え、手で頭部分と筒部分を締め、最後にドライバーで軽く締めようとしたところ、ホロッ…っという感じで端が割れてしまいました。力はほとんど入れていなかったのですが、いや~しくじった。でも付属のバルブを使用し事なきを得ました。いや、良かった。マナスル ストーブ 121 パッキン 交換

これで全てのパッキンを新品に交換することが出来ました。試験的に燃焼させると青い炎でガンガン燃えてくれます。これからは5~10年毎を目安に全交換しよう。次はニップルも替えてバーナー本体チューブ内もケミカルとかワイヤー使ってキレイにしようかな。
OPM♪
キャンプで大活躍のマナスルさん。
40年経っても現役で稼働しているなんて凄すぎます!
これからもまだまだ頑張ってもらいましょう(^_^)/
2017.03.26 Sun 20:05 URL [ Edit ]
いかその
OPM♪さん

> キャンプで大活躍のマナスルさん。
> 40年経っても現役で稼働しているなんて凄すぎます!
> これからもまだまだ頑張ってもらいましょう(^_^)/

そうですよね~。正確には38年かな… 当時から秩父や奥多摩にテント持って出かけてましたから。殆ど友達とのキャンプでしたが独りで行くこともあった変わった子供でしたね自分(笑)それからクロカンが趣味になってからも使ったしファミキャンでも散々使いました。40台後半となった今でもバイクでのキャンツーで使えてるんだからスゴイ長もちな道具ですよね~。薪ストが必要なほどでもない季節にはピッタリの暖房になりますしモチロン調理用のストーブとしても優秀ですからね。これからもどんどん使いますとも!!
2017.03.26 Sun 22:54 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ikasono.blog.fc2.com/tb.php/169-4c86b2da
Template by まるぼろらいと