日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2017.12.31 Sun
2017.12.23-24

世間ではクリスマスですがおっさん達には関係ないのでキャンプに行きました。ツー要素を重視する方には受け容れられないと思いますが、自分はどうせテントにこもっていますので場所なんぞドコでもいいわけです。前日忘年会で非っ常~に疲れたのでバイクではなくキャンカーで出撃。取り敢えず近くて便利、学校橋河原にまた行ってきました。20171223-24_gakkoubashi_01.jpg

バイクでいらしたOPM♪さんと合流。今回宴会場やらなんやら全面的にお世話になることになりました。20171223-24_gakkoubashi_02.jpg

12月頭に一人で来たときよりも天気がよく、放射冷却の影響かだいぶ冷えました。夕焼けもこの綺麗さ。20171223-24_gakkoubashi_03.jpg

近くのベイシアで半額で\120位だったチルドピザも薪ストの下でこんがりとこんなに美味そうに焼きあがりました。20171223-24_gakkoubashi_04.jpg

引きが弱くて燃焼温度が低いのか変なもの燃やしているのかモックモクの白い煙があがっている煙突が散見されましたが、我々の煙突からは良好な燃焼の煙が。料理は科学だとよく云われますが、焚き火も科学だと思います。仕組みを研究して正しい燃焼(笑)20171223-24_gakkoubashi_05.jpg

煙突も赤熱しています。燃料の供給量調節で火力も簡単にコントロール。20171223-24_gakkoubashi_06.jpg

晩は芋煮にしていたので残り汁でうどんにしました。寒い朝にはサイコーに染み入る美味さです。20171223-24_gakkoubashi_07.jpg

いつからどんな理由で始めたのか判らないいつものポーズで〆~♪20171223-24_gakkoubashi_08.jpg

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
2017.12.09 Sat
2017.12.02-03

そろそろ寒くなってきたので薪ストで遊ぶか~と思ったけれど用事で出発は午後にならざるを得なかったので近場のアソコに行くことに。今回は何となく気分的に往復ともに高速利用… しかしめちゃくちゃ近かった。そういえば秩父に行くよりも距離的には近いんだね。東松山ICに近いので一時間位で行けるのは便利だな。買い物をして行きたいので坂戸西で降りてマミーマート 坂戸入西店に寄って行きました。15:00頃到着すると既にこんな感じ。20171202-03_gakkoubashi06.jpg

運よく一番奥にスペースが空いていたので挨拶してインしました。お隣さんはな~んか無愛想な若者と、3~4日前から連泊中という昼間から機嫌よく出来上がっててやたら話しかけてくる酔っ払ったおじさんとで両極端(笑)しかし12月だというのにこの混みよう。寒いのに…って自分もだけど(笑)やっぱりキャンプ流行ってるんですね~。暖かい時期はすごいことになってそうな。以前下見に来たときには河原でもキャンプが出来ましたが、現在は禁止になっている模様です。
例のごとく360°画像で♪
2017.12.2 学校橋河原- Spherical Image - RICOH THETA


薪ストで遊ぶことが今回の目的ですのでテント内に篭ってダラダラします。やっぱり暖ったけぇ~!!調理はせず買ってきたお惣菜だけですが一人ならこれで十分。からあげ、ポテサラ、豆腐に山形のだし。20171202-03_gakkoubashi01.jpg

日本酒にチェンジしつまみはこんなんで。マミーマート、なかなか良いな♪20171202-03_gakkoubashi02.jpg

尼プライムの映画を観ながらの~んびりダラダラ(笑)こういう時間はおっさんになると貴重です。10時過ぎには氷点下になりました。このころは5本持っていったオガライトもすべてストーブ内に飲み込まれ最後にチロチロ燃えているだけなのでテント内温度もそれなりに下がっていますが、フルドラフトでは地面近くに置いた温度計で20℃を越えます。顔の高さでは更に高いはずで、これにガラス越しの炎の赤外線効果で暑いくらいでした。
十分に堪能したので寝ることにします。就寝装備はスリープライトコットにファウデのエアマット、ナンガのオーロラ750DXでした。軽く着込んだだけでも十二分に暖かく寝ることが出来ました。ガッチリ着込んでコクーンのマミーライナーなんかを組み合わせたら相当寒くても大丈夫そうです。20171202-03_gakkoubashi08.jpg

珍しくぐっすりと6時くらいまで寝ることが出来てスッキリ。起きて外の様子を見に行くと… 試しにカバーを掛けないでいたら(掛けても同じか?)綺麗に霜が降りていました。20171202-03_gakkoubashi03.jpg

テントもいい感じに凍っています(笑)20171202-03_gakkoubashi04.jpg

前夜に研いでおいた米を炊いて、缶詰と山形のだしの残り、青森で買ってきたカラつきシジミのインスタント味噌汁で朝食です。20171202-03_gakkoubashi07.jpg

帰路も高速でピュ~ッと。午前中の早い時間に帰ることができました。近いっていいなぁ。やっと本格的な薪ストキャンプシーズンがやってきましたが、バイクで行ける場所は結構限られているのも事実。次はどこへ行こうかな。

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
2017.11.26 Sun
2017.11.17-20

半年くらい前から国道4号を終点まで行ってみようと考えており、この度晴れて実行に移すことが出来ましたので例によって記録しておきます。何年か経ってから自分で読み返してみると写真だけ残しておくよりも多くを思い出せそうな気がしますので主に自分のために(笑)
今回はバイクではなく、キャンカーで車中泊前提のいきあたりばったり旅行です。今まで自分で車中泊で使用したのは僅か10泊あるかないかで、主に家族でキャンプに行った際の奥さんと三男の快適な就寝場所としか使用していませんでしたが(基本的に自分はテントです)今回3泊してみて、改めて便利さ快適さを再認識♪こんな便利なモノもっと使わないと勿体ないな~。
ルートは日本橋から青森県庁までの国道4号を旧道バイパスに拘らずR4の標記があればOKとし、寄り道しても必ず分岐まで戻りキチンと全線国道4号を使用しゴールすることをルールとしました。あと、スーパーみなとやに寄ることと十三湖でしじみを食べることだけは予定して行きました。帰路はその時考えるか~ってな感じで出発です。


2017.11.17
各国道の基点とされている日本橋の日本国道路元標です。昔は道路元標は厳格な基準点であったと思われますが、今のように方々でバイパスを作ったりする時代にアイコン的な基準点の必要性は薄まってしまうのかもしれません。GPSもあるし。国道4号 基点

托鉢のお坊さんでしょうか。しばらく動かなかったのでまさか…と思いましたが寝ていただけのようでホッとしました。それにしても前を通りかかっても一瞥もくれない人ばかりだったのは都会的というかなんと言うか。
しかし普通に仕事や生活しているほうが余程精神的な修練の機会はたくさんあると思うのですがね…。20171117-20_r4_02.jpg

出発も遅かったし、宇都宮まで旧道を通ったことで結構時間が掛かり距離を稼ぐことが出来ません。春日部のベルク、下野のヨークベニマルで買い物し、ヤカンを忘れたことに気付き急遽100円ショップダイソーで注ぐことが出来る器として軽量カップを買ったりしたことでも結構時間をとられ初日は二本松の道の駅安達で終わります。ヨークベニマルで買ってきた平目刺とノリ弁のおかずがつまみです。家から銚子篠田の佃煮を持ってきました。ベルクで買った白菜漬けはジップロックコンテナに入れて冷蔵庫保管で。20171117-20_r4_03.jpg

FF暖房を入れると快適そのもの。タブレットでTVや尼プライムの映画なんかを観ながらゆっくりします。20171117-20_r4_04.jpg

今回、車内レイアウトは後部ベッドを展開しながらもダイネットを常設としたことで、就寝時の荷物の移動も不要でベッド展開のわずらわしさからも完全に開放され非常に快適でした。就寝装備は部屋着のまま封筒型の寝袋内にダウンシュラフです。結露予防のために換気扇扉を開放し窓は網戸にしてFF暖房は消して寝ていましたが3泊とも全く寒さは感じませんでした。
Post from ICOH THETA. - SphericalImage - RICOH THETA



2017.11.18
朝6時には出発。道の駅内にファミリーマートがあり朝食は超手抜き。多分2日目が一番距離を伸ばしたのではないかと思われます。中尊寺で有名な平泉では条例があるのか自主的なものかわかりませんが多くの企業の看板が目立たないようなモノトーンのものに変えられていた中、世界のトヨタ様(のディーラー)だけはしっかりカラーで笑った。20171117-20_r4_05.jpg

100、200キロポストは気付かず通り過ぎていました。300キロポストは惜しい!!301キロで気付いた(笑)400キロはしっかり見たけれど写真無し…そろそろ本気出すかと500キロポストでは写真撮りました(笑)20171117-20_r4_06.jpg

すでに盛岡市に入っています。橋を渡ると結構な栄え具合でした。数年前の東北旅行で来たのが最後で、自分で運転する車やバイクでこれより北は行ったこと無い。20171117-20_r4_07.jpg

思わず写真撮っちゃった。額の数字40には何の意味があるのだろう。こういうの見ると遠くに来たなあと感じます。20171117-20_r4_08.jpg

600キロポストです。暗くなってきたので今夜の宿泊地を決めなければなりません。20171117-20_r4_09.jpg

その前に… 私には確認せねばならないことがあります。国道4号走破はあくまでも手段。八戸のスーパーみなとやに寄って行かねばなりません。
みなとやHPはこちらです。20171117-20_r4_10.jpg

ドコモのガラケーで使えるように3gp変換したものを用意してありますので良かったら着信音にどうぞ。当然自分の着信音はコレです。まわりの人の視線が生暖かくなるのがちょっとアレですが。

これですよコレ!!で、でかい~!! オリジナルとガーリック味噌味を1つづつ買いました。あとは鯨刺と太巻きが今夜のメニュー(笑)
あと、さすが南部煎餅の本場だけあって棚一面がすごい種類の南部煎餅で埋め尽くされているのもご当地ならではという感じでした。スーパ- みなとや からあげ 唐揚げ

2泊目は道の駅しちのへにしました。ビールとからあげ、車内はぬっくぬくでまったりと過ごします。行ってみた甲斐がある美味さです。電子レンジじゃなくってトースターが使えたらなあ。さすがに2つは食べきれず1つは朝のおかずにとっておくことに。スーパ- みなとや からあげ 唐揚げ


2017.11.19
翌朝目覚めたら雪がうっすら積もっていました。天候について調べると強烈な寒気が数日留まるようでした。…ということは降り始めの今から昼は大丈夫でも、今夜以降は路面凍結等シビアになりそうで、それらを考慮して帰路のルートを考えなければならなそうです。20171117-20_r4_13.jpg

昨日2日目の朝食は手抜きだったので、しっかり米を炊きました。限度はありますが換気扇がありますので結露の心配もCO2中毒の心配もなく車内で煮炊きは出来ます。昨夜のジャンボからあげと佃煮や味噌汁で。レトルト食品や缶詰なんかも積んできているのでどうとでもなります。20171117-20_r4_14.jpg

フルタイム四駆なので相当走るはずですが、無理は禁物。昔四駆で泥とかラッセルとかやってたので滑りやすい場所での運転は慣れてるけど、油断は禁物。20171117-20_r4_15.jpg

700キロポスト、来たね~♪国道4号 700キロ ポスト

道の駅浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」です。温泉があるのでココで一泊にすればよかったかも。目の前は海で、すごい波。津軽海峡ではなく青森湾ですが、そんなことはどうでも良いほど津軽海峡冬景色感いっぱい♪どこからともなく石川さゆりが現れそうな(笑)
なんで海側の写真撮らなかったのかと後悔。雪と風が凄く早く車内に戻りたかったので忘れちゃった。20171117-20_r4_17.jpg

青森市街に入ります。いきなり都会になるのが関東と違うところかな。20171117-20_r4_18.jpg

ついに国道4号の終点に到達~♪さて、どうやって帰ろうか… 十三湖に行きますので日本海側を南下で良いか… 海沿いなら路面凍結も少ないだろうし。しかし今思えば太平洋側を南下して戻ってくれば会津田島に寄って来られたのにと思いますが後の祭り。国道4号 終点 ポスト

市街を抜け北上を始めるとあっという間にこんな景色で、前にも後ろにも車は居なくなります。賑やかな場所が狭い範囲に集まっているのですね。都内に居るとこういうのは羨ましい。山に行こうと思っても、海に行こうと思っても、行けども行けども渋滞を延々走り続けなければならないことが多いので。20171117-20_r4_20.jpg

なんもねえ…とはこういうことか(笑)20171117-20_r4_21.jpg

当初漠然と大間のほうに行こうと考えていました。ところが、食通でもあり日本中旅行に行っている知人に青森行きを話したところ大間のマグロなんかより十三湖のしじみ食えと言われ、この人がそう言うなら間違いないだろうということで十三湖に来ました。はて、どんなしじみ料理を食べればよいのか聞いていなかったし、昼ですからお手軽にラーメンかとこちらのお店を選択。十三湖 和歌山 しじみラーメン

特製しじみラーメン(大貝)\1,100なり。ちなみにしじみはアサリかよって位大きいですが、あとから店員さんに聞いたところもう少し安い普通のしじみラーメンと味は一緒ですと。すごい出汁が利いていて美味い。こういうあっさりしたラーメンならいつでも食べたいな。十三湖 和歌山 しじみラーメン

南下を開始します。すごい吹雪になったり突然止んで陽が差したりします。こっちはこういう天気の変化は普通なのでしょうか。山の上なら分かるんですが。20171117-20_r4_24.jpg

延々とこんな景色を右手に見ながら南下します。これでもかってくらい南下です(笑)海沿いには「密出入国者を発見したら通報」してねって看板が新潟まで続いていました。あいつらか(怒)20171117-20_r4_25.jpg

微々たるものですが青森にお金を落としていこうと、道の駅ふかうらに晩の食料調達に寄りました。20171117-20_r4_27.jpg

イカが干されています。食堂のみで提供しているのか売っていませんでした。おでんとイカメンチとほたてめしを買っていきます。しかしこの後の道のりは長かった。秋田と山形では一度も車を降りることなく華麗にスルー。20171117-20_r4_26.jpg

21時位まで掛かり新潟県の村上市に到着。道の駅笹川流れで一泊していくことにしました。おでんは電子レンジではなく鍋に移し替えて加熱します。イカメンチは電子レンジです。やっぱりトースターが欲しい… おでんのボリュームがあったので、ほたてめしは冷蔵庫の中で翌日の昼食にとっておくことに。TVで天気予報を見ると青森では本格的な雪になり積もりそうだと言っていました。只見から会津田島に抜けてせもりなに寄っていこうかな…とこの頃は様子を見て会津に抜けられないかと考えていました。20171117-20_r4_28.jpg


2017.11.20
翌朝は4時前には起床。朝食は米を炊いてレトルトの親子丼(笑)20171117-20_r4_29.jpg

5時前には出発です。村上のうおやさんに寄っていきたいけれど朝早すぎてやってないしなぁ…村上市街、胎内市を抜けてもまだまだ暗いまま。20171117-20_r4_30.jpg

新潟市内ではいたるところにこうした融雪のための放水が行われていました。昔からこれを見ると雪国に来たな~と感じたものです。20171117-20_r4_31.jpg

魚沼の辺りだったと思います。この辺りが一番雪が多く積もっていました。只見方面は道によっては通行止め区間が出ていました。行けないことは無さそうでしたが、いずれにしても標高の高い山間部を抜けていくのは危険と判断しそのまま帰宅することにしました。この日帰宅後のTVの天気予報では青森積雪32㎝とやっていましたので滑り込みで丁度良いタイミングであったのかもしれません。会津に寄れなかったのは残念ですが日本海側を南下してきてしまった以上、山を越すのを断念した判断もあながち間違っていなかったかもと思いました。20171117-20_r4_33.jpg

20171117-20_r4_32.jpg
この後三国峠を越えると途端に雪は無くなります。時間的には余裕があり、17号でそのままでも254でも秩父経由でもどうやって帰っても良いのですが、月曜だし夕方の渋滞時に掛かるのはかったるいので月夜野から関越で練馬までワープ(笑)15時頃には帰宅しました。

途中一部ログが取れていなかったり自宅からの一部は削除しているのでおおまかな距離ですが1,600km以上は走行したようです。前回車検時の2年分の走行距離に匹敵(笑)
往路の那須高原と復路の三国峠以外は概ねアップダウンがないことが分かります。
来年あたり次の車中泊旅行は能登半島でも廻ってから、でゃ~好きな名古屋でも行こみゃ~か(笑)20171117-20_r4_34.jpg

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
Template by まるぼろらいと