日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2016.02.14 Sun
2016.02.13

F800GSアドベンチャーが無事納車されたわけですが、13~14日キャンプに行こうと思っていたのに雨の予報で断念。雨はまだ良いとして、風はイカン。テントの設営撤収時に危険だし火は気を遣わなきゃいけないし。今は14日の朝ですが春の嵐ってのかスゲー風雨。行かなくて正解だった。
13日は休みにしてたんで自分の慣らしのために出かけることに。中古ですからバイクの慣らしは要らないとしても人の慣らしとタイヤの皮むきは必要ですからね~♪前から行こうと思っていた船橋のツラーテックさんへ。20160213_narashi_01.jpg

サイドスタンドエンドを購入。あと気になっていたタンクバックを見てきたんですが、装着方法がやはりフレームにバンド固定というこの車種にはありがちな方式だったのとベースとしてダミータンク樹脂部分にマジックテープを両面テープで糊付けっていうのが気に入らず購入しませんでした。これは見に行かないと分からないポイントだったので行って良かった。ノーマルの状態でも、サイドスタンドを出そうとすると先端が地面に引っ掛かるという素敵な仕様ですが、それを長さは殆ど変わらないにしても先っちょを大きくしちゃうってどうなのよ的なことはさておき、ブ厚いカタログとDVD-ROMのカタログを2セットも頂戴しました。1セットはプレゼント用(笑)
足つきですが、空荷の状態で自分は両足部MP関節は全て着き、踵が少し浮いているくらいです。片足をステップに載せればもう片足はベタ着きです。荷物満載にしたらさらに足つきは良くなるだろうから積んで重くなっても大丈夫そう。

船橋から競馬場の脇とかを通って国道6号へ。それから良く分からない道を通ってつくば市のこもれび六斗の森へ。船橋から6号までは殆ど渋滞していましたのでクラッチ操作がどの程度堪えるのか分かりました。あと1速のギア比が高い印象です。日本の場合渋滞が多いですから歩くよりゆっくり進みたい状況ってままあるかと思われますが、1速でのアイドリングで20km/hは出てしまいます。結果クラッチを切る動作が増えるのでちょっとかったるい。もう少し低めだといいのになと思いました。何となく2~4速あたりのギア比が近く、5~6とまた近いような印象でした。ギアは一段低くても高くてもどの回転数からでも素直に加速してくれるのでシフトはサボっても平気そう。そんな感じの楽さはあります。
ご覧の通り地面パサパサ~(笑)ここは参天じゃないと。春になったら少しは草が生えてくるのかな。車は入れませんがバイクは可です。管理人のおじいさんにバイクはBMWなのに(ジャケットの背中に)ヤマハって書いてあるね~、と鋭いツッコミを入れられました。余計なお世話だ(笑)俺はヤマハが好きなんだ~!!でもMT-25購入予定の長男に上げちゃおうかな…20160213_narashi_02.jpg

どこだか良く分かりませんがつくばみらい市のどこか。くねくね道も多く楽しく曲がっていきます。Tmaxは立ちが強く、コーナリング中寝かせ続けるように意識しないと立っていこうとするので脹らんでいく挙動をあらかじめ想定して曲がってゆく感じでした。F800GSAはスッと寝ますが意識してアクセルを開いていくなどで起こしていってやる感じが自分には新鮮でしたね。峠のタイトコーナーや街中の直角を曲がるとき、自分を中心にバイクが廻ってゆく、みたいなコーナリングは不得意そう。20160213_narashi_03.jpg

この後下妻~筑西と通って宇都宮に行き用事を済ませ北関東道と東北道で帰ってきました。ぬえわ~ぬおわkm/hでの巡航前提で設計されてるんでしょうか車体にもエンジンにも余裕あるので楽。6速がもう少し高かったらな~と感じますが、追い越しでもシフトダウンせずとも余裕で加速していきますので、ある意味オートマチック的な味付けとも云えるのか…。300kmほど走り色々わかった充実したツーリングでした。そりゃこういうバイクなら北海道でも行こうって気になるよな~。あっ、自分は諸事情でそういう気にはなれませんが、この積載能力と移動能力があればもうちょっと遠くに2泊くらいでキャンプに行けるな~という気にはなりました。

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク
ツー    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2016.02.06 Sat
2016.02.06

絶対に買い替えはしないだろうな~、というほど不満のないバイクであったTmax(SJ04J)。抜きん出た性能は無いが基本性能を軸に全てにおいて弱点の無い、いわば中途半端さを孤高の域まで高めた(笑)的な素晴らしいバイクでした。スクーター(こっちはスクーターと呼ぶ)といえば過去には初代のマジェスティも乗っていましたし、他社の600ccビックスクーターにも乗っていたことがありますがコレは余りのバランスの悪さ(でっかい原チャリ感)に辟易し一年も乗らずに処分したりと。ピアジオのランナーVXRはTmaxと並ぶほど良いバイクでした。思えば20代の後半までのZZR1100を最後に以降ずっとスクーターばかり乗ってきたのでした。10代から20代と本当によくツーリングに行っていたけれど、段々と忙しくなって出かけなくなって。それに知らない道とか発見が少なくなってきてワクワクしなくなってきたからかもしれません。

キャンプはワクワクします。クルマで行くのとは全く違ったワクワク感です。Tmaxは本当に良いバイクですが、キャンプに向いているかというと向いていません。スクーターですから。Tmaxの持ち味は低重心と「立ち」の強さだと思います。アクセルオンで立ち上がりアクセルオフで寝てゆくのが普通ですが、いずれでも立ってゆく方に非常に強く働いています。これが長距離での疲れにくさ楽さに繋がっているのでは思うのですが、いかんせんパワフルとは云えない500ccツインで尚且つCVTで相当パワーロスしていますので街中を外れると力不足を感じるのも事実。またキャンプ道具を積み、重心が高くなった状態でニーグリップが出来ない(幅の広いシート前方を使い大腿内側で何とか行うんですが)のはやはり気を使います。過去の記事をみていただければ積載ももう限界に近いことが想像していただけるかと。とはいえ年に10回も行くかどうかのキャンツーのためだけにTmaxを手放す気には簡単にはなれず、この記事の頃から迷っていました。

次に買い換えるならTDM900と思っていましたがこちらももう古い個体しか残っておらずそれなりの覚悟が必要そうだし、MT09トレーサーが出たとき少し気になりましたが自分にとっては今ひとつ魅力を感じられなかったので検討には至らず。OPM♪さんがR1200GSに乗っておられ間近で拝見する機会が何回もありましたが自分には大きく重過ぎるような気がしました。そんな時F800GSにアドベンチャーが出ていることを知りかなりクラクラきていたのでした。もっともっと遠くまで、今以上の荷物を積んでの移動も楽にこなせるバイクなら乗り換える意義が大いにありますし、自分も四捨五入したら50だしいつまでこういう遊びが出来るか、残り時間はそんなに長くはないかもな~とか考え
買っちまうことに。

F800GS Adventure

なかなかのボリューム感です。積載性能は言わずもがなですが、フロント21インチは自分には未知の領域です。直線はとりあえず得意そう≒長距離ラク ということになるのかどうか。F800GS Adventure

バカ君3号はこちらが気に入った様子。これ買って~って、そんな無茶な。20160206_tmax_03.jpg

一週間後、契約に来ました。Tmaxから外してもらうパーツなどの打ち合わせも行い…M.S.C.Hara  原サイクル

コイツとはこの日でお別れになりました。Tmax SJ04J

ありがとう。今まで本当にありがとう。ここ何年かはあまり乗れなくてごめんよ。Tmax SJ04J

シールドのあるオフメットってあるんですね~。アライのツアークロス3を買ってみた。通勤のリード君でこれをかぶるのはヘンだよな… ということでまだ出番なし。Arai Tour Cross 3 Detour

M.S.C.HaraさんのブログにTmaxが写っていました。元気でな~、誰かのお役に立つんだぜ~(涙)M.S.C.Hara  原サイクル

当初02/11(木)の建国記念日に納車ということで打ち合わせていましたが、店長さんから11日には間に合わないかもしれないとメールが。今のところ保留ですが13、14でソロキャンに出かけようという目論見は残念ながら儚く消え去りそうです。昨年末の鎖骨骨折といい、なんかいつもすんなりとは行けないんだよな~。

まいったな、そういやビッグスクーターじゃなくなっちゃったゾ…
先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク
日記    Comment(14)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと