日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2016.04.21 Thu
2016.04.17

なんか最近リード100の調子が悪い…。エンジンは元気なのに駆動力がついて行ってない感じです。加速の谷と振動も気になっていました。半年前くらい前にクランクベアリング交換ついでに腰上のエンジンOHまでしてるんですがベルトはもうちょいで交換オススメ~と言われていたのでそろそろやるかと思い立ちDIYで交換することに。

この日は15:00位までスゴイ風と雨でしたが止んだので始めます… サイドカバーは+ネジ2つと樹脂製のクイックリリース的な何か(名前が分からんです)1つで留まっているので外します。20160417_lead01.jpg

プーリー部分のカバーは8mmが8箇所と10mmが1箇所で留まっているので外します。時々開けて清掃しているので割合とキレイです。20160417_lead02.jpg昔買ったモノなのではっきりしないけど形状とサイズからするとユニバーサルホルダーは多分コレです。


左のウェイトローラー側のナット17mmも右のクラッチ側のナット14mmもとにかく固く締まっていますので気合で緩めます。自分は首振りのスピンナーハンドル(1/2インチ)に3/8インチへの変換アダプターをかまして手持ちのソケットを使えるようにしています。普通のラチェットレンチではハンドル部分が短すぎて力不足です。絶対無理っつー位固いです。20160417_lead03.jpg
こんなのがあるとかなり力を掛け易くて便利です。締め付けトルクが分からなかったんでトルクレンチは使わず手ルクレンチ~(笑)
 


ノギスが行方不明だったので測ってませんが古いほうは1mm以上幅が狭くすり減っているのが分かります。距離は伸びていませんが可減速の多い通勤路が主なので仕方ないかも。20160417_lead05.jpg
純正より安いってのが魅力ですかね。


クラッチとドリブンフェイスを留めている薄いナットは39mmとか巨大なもので、これにしか使いようがないだろうけれどソケットか何かが必要です。そんなに固く締まっている部分ではないので別の手があるかも。やったことのある方はご存知と思いますがセンタースプリングはノーマルでも結構強力ですので膝と左手でしっかり押さえながら外し、取り付ける時も同様に行います。20160417_lead06.jpg
あったはずなんですが見つからなかったんでまた買っちゃった。そもそも数年ごとにしか使わないからな~。


ピンボケしちゃいましたが一昨年にクラッチと一緒に交換してから10,000Km未満なので段も無くキレイです。ベルトはもたなかったけど…20160417_lead08.jpg

逆の手順で組んでオシマイ。そういえばウェイトローラーですが、僅かに段はありますがまだ平気そうなのでキレイにしてからモリブデングリスをヌリヌリして元に戻します。プーリー裏側はパーツクリーナーが必要なほどは汚れていなかったのでエアダスターを吹いてから拭き掃除しピカピカにしてからスライドピースがはまる部分にも薄くグリスをヌリヌリして元に戻します。20160417_lead07.jpg

30Kmくらいおとなしく走ってベルトを慣らしてから全開にします。加速時の振動も減ったし力強くなり実に気持ちよく乗れるようになりました。まだまだこの2stスクーター暫くは乗れるかな。プロの手でなければならない範囲もありますが、DIYはとっても楽しいのでオススメです。満足感もあるし何より構造を知ることで機械的、性能的限界も伺い知ることが出来ますので安全な走行にも繋がるかと思います。

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
2017.06.18

一年ちょっと経ってしまいましたがウェイトローラーとスライドピースを交換しました。交換前の画像しかありませんが削れてカクカクになっています。どうりで最近変速がぎこちなかったはずだわ。プライマリープーリー内部を清掃してから各ローラーと接触面との両方にうっすらとプーリーグリスを塗布し、ローラーを正しくはめ組み立てます。20170618_lead02.jpg



非っ常~に気持ちよく加速してくれるようになりました。まだまだリード君で頑張れそうです… が、心配なことが。クラッチカバーの上が何やらベトベトです。内部にも侵入したらしくふき取りました。一年前にはみられなかった状態です。幸いプーリーやベルトはきれいな状態でしたが早めに入院させて治療して貰ったほうが良いような感じです…20170618_lead01.jpg

管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ikasono.blog.fc2.com/tb.php/129-b80fe6cf
Template by まるぼろらいと