日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2018.04.28 Sat
2018.04.21-22

帰宅後知ったんですが志賀草津道路、なんと22日朝には再び通行止めになってしまっていたんですね~。往路思いの外疲れなかったのと同じルートで帰るのはつまらないと考え、距離が伸びても良いやと津南経由で帰ったので全然気付きませんでした。21日に往路で通過したときは何か前回来たときより硫黄臭さが少なくて平和だな~なんて思っていたんですが。2018042021_shigakusatsut20.jpg

カブでどこまで行けるか的な感じで、取り敢えず雪の回廊を経由して中野市のふるさとの森文化公園内のキャンプ場か北竜湖か、戸隠イースタンでも良いかなとか考えつつふらりと出発。サイドバッグには火器類や鍋フライパン、出し入れしやすいフロントボックスにはクーラーバックや帽子、ネックウォーマーやらを入れています。リアボックスにはシュラフやテーブルなど。シート後ろのキャリアにテントやエアマットなどを入れたカリマーのドライバックを積んでいたのですがポジションのあまりの自由度の無さにボックス上に移動しました。軽いので問題ありませんでした。2018042021_shigakusatsut01.jpg

かなり入るうえ運搬にも便利なのでオススメです。


あとひとつ、アウトスタンディングのセンターボックスには工具類が入っているのですが、その上にヤマハのウエストバックを載せてタンクバックみたいにしたところ大正解!!スゴく便利でした。2018042021_shigakusatsut02.jpg

廃盤なんですが紹介ってコトで(笑)


当然ですが高速には乗れませんので全線下道です。自分は下道大好き下道ストなので結構平気。GSみたいに左右にパニアが張り出してるわけでもなく、すり抜け余裕の車体と積載ですが加速と最高速はイマイチなのですり抜けて先頭に出られるのはその先でも渋滞しているような時だけなのがかったるいけれど。

カブ君、空いた道でも平地ならまあまあ後続車に迷惑をかける程遅くはありませんが、登りとなると一転して非力さが現れます。草津に至る上り坂で非力さを痛感しながら何回か後続車に道を譲り、更にキツい白根山へ登って行きます。正直渋滞していてくれたほうが楽かも(笑)
ニュースで見たスノーシェッドがひとつだけありましたが、もっとたくさんなければ意味ないだろうと思いました。2018042021_shigakusatsut03.jpg

お約束で皆さん写真を撮っています。自分もですが(笑)2018042021_shigakusatsut04.jpg

事前に調べていた通り今年は高さがありません。2018042021_shigakusatsut05.jpg

おなじみ360°画像で~♪

長野県側に下山し向かった中野市の北信濃ふるさとの森文化公園には5区画のオートキャンプサイトと宿泊も出来るデイキャンプ場がありますが残念ながらオートキャンプサイトは予約でうまっており、デイキャンプ場なら特別にバイク乗り入れて良いよと言ってもらえたけれどお客さんが結構居たのと時間が早かったので結局北竜湖に行くことにしました。

で、来てみましたらイイ感じじゃないの~(笑)でも正直平坦な場所は一箇所しかありません。ボート乗り場の草地にも数張り出来そうな草地がありますが、極僅かに傾斜があり何とか寝られるかなという感じ。それ以外は絶対グッスリ寝られないだろうという傾きで、これでキャンプ場を名乗るのはどうなの?って感じです。しかしながら夕方を過ぎると管理人すら居なくなり自分一人だけの贅沢な貸し切りの時間が訪れました。空いていればオススメだけど先客がいたら絶対ダメな場所ですかね(笑)2018042021_shigakusatsut06.jpg

設営してから下山し道の駅 花の駅千曲川の隣にあるAコープに買い出しに行きました。湖畔でまったり♪冷奴にポテサラ、ソーセージと焼き鳥を肴にビールが美味い~(笑)コールマンの二つ折りミニテーブルが手に入ったので持って行きました。あとクックパーを一片切って持っていきました。キャンプにはクックパー、絶対便利ですよ!!2018042021_shigakusatsut07.jpg



留学生を頼って遊びに来たと思しきアメリカ人観光客達が賑やかでしたが、陽が傾くと次第に人が減ってゆき…

暗くなると人っ子一人居なくなります。2018042021_shigakusatsut10.jpg

アライテントのコンパクトタープポール150㎝を後方に使用しテントとタープの理想的な配置になりました。ポールは荷室に入り込むように立ててもう一方を大きく覆えるようにしました。2018042021_shigakusatsut11.jpg

一人だとやることもなく20:00頃には寝てしまいます。当然深夜に目覚めるわけですが3:00頃にはもう寝られなくなりました。仕方ないので星空を撮ったり…2018042021_shigakusatsut08.jpg

コーヒーを淹れたり… まったり星空とコーヒーを楽しみました。2018042021_shigakusatsut09.jpg

ラジヲを聴きながら時間を潰し、5:00頃になると空が白んで来ます。前日に買っておいたオニギリとソーセージの残りを焼いて朝食を摂ったのち撤収作業です。アライテントのコンパクトタープポールは少々値が張りますがこんな小さな仕舞で他にはないコンパクトさでオススメです。2018042021_shigakusatsut12.jpg



自分にしては珍しく6:30前には出発出来ました。管理人さんは当然来ていませんので指示通りポストに宿泊の札を入れて退去します。野沢温泉村を通りあわよくば風呂にでも…とか思いましたが湯気も立っておらずまああいいか…という気分で通り過ぎるだけとなりました。2018042021_shigakusatsut13.jpg

117号をず~っと全開で爆走していると左手に巨大な施設が。2018042021_shigakusatsut15.jpg

気になって見に行くと何かレトロな感じなダム兼橋のようなものでした。幅2.0m制限となっていますが四輪がここを曲がれるのか?という場所があり、多分自転車やオートバイが渡るのが主な使われ方なのではないかと思われました。2018042021_shigakusatsut14.jpg

353号で石打に抜けるべきところうっかり通り過ぎてしまったので適当なところで右折、国道17号を目指しますが… !!orzなんと一般道通行止め+バイパスは原付が通れない~!!2018042021_shigakusatsut16.jpg

仕方なくかなりの距離を戻ることとなり再び適当に17号を目指すと今度は大丈夫でした♪3両編成くらいの電車が通り過ぎイイ感じだったので、再び電車が来るのを待ちましたが全然来ませんでした。しばしこの雄大な景色を眺めながら一服。乙なものです。2018042021_shigakusatsut17.jpg

あとは国道17号を南下するだけです。タープとテントですが、夜明け前までサラサラでしたが陽が登ると一気に濡れてしまったために陽が傾いてしまう帰宅後干すより陽の高い途中で干したほうが一気に乾くと考え猿ヶ京付近で休憩がてら全て干しました。ホントにあっという間に乾いてくれました。2018042021_shigakusatsut18.jpg

ついでに永井食堂のモツ煮を買って帰りました。帰宅後モツ煮で一杯!!やっぱり美味かったね♪2018042021_shigakusatsut19.jpg

GPSのログを見るとトータルで580kmほど走ったようです。結構距離があったわりに疲れませんでした。さすがカブ。

夕方17:30くらいには帰宅出来ました。やっぱり途中でタープやテントを干してきて正解だったようです。小排気量の割りに思いのほか疲れず不思議な感覚でしたね。遅いなりにも快適な走行性能だったり積載能力の高さもあり200km圏内くらいならこれで十分なんじゃないだろうか…F8GS-Aの出番が少なくなりそうな予感(笑)だったらデカいのはGL1800でも良いかと思ったり思わなかったり(笑)あぁイカンイカン♪

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
2018.03.18 Sun
2018.03.10-11

年末に学校橋に行ったきりなんやかんやと忙しく、約2ヶ月ぶりの始動でF8Advのエンジンが掛かるか心配でした。セルは弱々しくも廻りますがすんなりエンジン掛からず、どうしたもんかとヒヤヒヤしましたがアクセルを僅かに捻ってセルを廻すと掛かりました。ガスが揮発してしまっていたのかFIといえどもキャブ車と同じような挙動を示すこともあるんですね~。二ヶ月ぶりに乗るのでなんか新鮮(笑)朝イチでちょこっと用事を済ませて遅めの出発ですが、天気も良い行楽日和なのに高速はガラガラであっという間に到着です。自分は花粉症ではないのですが流石に目が痒くなりますな~。20180310-11_fumotoppara03.jpg

ふもとっぱらに到着~。富士山だけでなく毛無山の山頂付近もまだ雪をかぶっています。20180310-11_fumotoppara04.jpg

タラの芽があったので天ぷらにでもしようかと思いましたが結局面倒になってしまった。お惣菜でも十分美味しいし、そんなに料理しなくても結構満足♪20180310-11_fumotoppara05.jpg

タラの芽はお手軽に茹でてからベーコンを巻いて焼きました。河口湖のオギノで同じようなポテト巻きを買って行きましたので一緒に焼きます。美味かった(笑)20180310-11_fumotoppara09.jpg

急いで準備したのと久しぶりだったのでカップやらシートやら色々忘れてきてしまいましたがOPM♪さんにお世話になり何とかしのぐことが出来ました。コルク抜きを忘れてきていたのにワインを買っていくというドジもやらかす始末(笑)着替えのズボンやら上着も忘れてしまい寛ぎにくかったけれど、それほど冷えなかったのとナンガの750gを持っていったので寝るのは大丈夫でした。20180310-11_fumotoppara08.jpg

快速旅団のガレージパーティは幕が二層になっており裏はこのように白いので幕内は照明を反射して非情に明るいです。側面が立っていて広く使え天井も高く快適なので非っ常~に欲しいのですが、ツインピルツがあるので二の足を踏んでいます。20180310-11_fumotoppara10.jpg

オガライトが8本ありましたので早めの時間から贅沢にじゃんじゃん燃やします。暑くて時々こうやって開けてた(笑)。あまりの暖かさに眠くなりアクビ連発(笑)22時くらいにはお開きにして寝ます。20180310-11_fumotoppara13.jpg

自分としては珍しく7時位まで寝ることができスッキリ♪
標高は1,000mほどですが最低で2℃ほどまでしか下がらなかったようです。暖かくなってきているんですね。20180310-11_fumotoppara14.jpg

朝はご飯を炊いてサバ味噌缶詰。二合炊いて半分こにしたのですが…20180310-11_fumotoppara15.jpg

味噌汁を用意しておらず汁物が欲しくなり予備に買っていったインスタントの吉田のうどんまで食べちゃって満腹MAXです。片付けに取り掛かれない~(笑)20180310-11_fumotoppara18.jpg

雲が多めで時々陽が差すといった感じでしたが何とか乾燥撤収が出来ました。おかげで例の如く11時出発(笑)20180310-11_fumotoppara16.jpg

何だか良くわからないいつものポーズはおっさん達のお約束♪20180310-11_fumotoppara17.jpg

そういえば今年最初のキャンプだった。
まあ、あせらずちょこちょこと遊びますかね~♪

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
2017.12.31 Sun
2017.12.23-24

世間ではクリスマスですがおっさん達には関係ないのでキャンプに行きました。ツー要素を重視する方には受け容れられないと思いますが、自分はどうせテントにこもっていますので場所なんぞドコでもいいわけです。前日忘年会で非っ常~に疲れたのでバイクではなくキャンカーで出撃。取り敢えず近くて便利、学校橋河原にまた行ってきました。20171223-24_gakkoubashi_01.jpg

バイクでいらしたOPM♪さんと合流。今回宴会場やらなんやら全面的にお世話になることになりました。20171223-24_gakkoubashi_02.jpg

12月頭に一人で来たときよりも天気がよく、放射冷却の影響かだいぶ冷えました。夕焼けもこの綺麗さ。20171223-24_gakkoubashi_03.jpg

近くのベイシアで半額で\120位だったチルドピザも薪ストの下でこんがりとこんなに美味そうに焼きあがりました。20171223-24_gakkoubashi_04.jpg

引きが弱くて燃焼温度が低いのか変なもの燃やしているのかモックモクの白い煙があがっている煙突が散見されましたが、我々の煙突からは良好な燃焼の煙が。料理は科学だとよく云われますが、焚き火も科学だと思います。仕組みを研究して正しい燃焼(笑)20171223-24_gakkoubashi_05.jpg

煙突も赤熱しています。燃料の供給量調節で火力も簡単にコントロール。20171223-24_gakkoubashi_06.jpg

晩は芋煮にしていたので残り汁でうどんにしました。寒い朝にはサイコーに染み入る美味さです。20171223-24_gakkoubashi_07.jpg

いつからどんな理由で始めたのか判らないいつものポーズで〆~♪20171223-24_gakkoubashi_08.jpg

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
Template by まるぼろらいと