日記ツーご近所探訪原二ツーGPSやらカメラやらカスタムやら車中泊・キャンプ
若さと時間がない40代おっさんのブログです。F800GS Adventureやランドワゴン(ハイエースキャンピングカー)を中心にいろいろな事を書いていきます。
2017.04.29 Sat
2017.04.29

G.W.ですね~。どこか出掛けたいな~。いやいや、どこも混むから大変かも(笑)
今日は休みなので、入手してあったよく分からないメーカーの中古ハロゲンフォグランプの取り付けです。自分にとって電気工作は出来ればやりたくない作業なのですが…(笑)でも自分で出来るってのが面白くて結局やるんですけどね。電装の仕組みが少しでも分かっているともっと楽しいはずですが、これは形だけでも正しい方法を知っておいてから行わないと危険ですので、今回匠のマロさんに事前に助言を頂いてから作業しました。
配線を写真で送ると、写真を加工までして頂き丁寧なコメントを頂戴しました。マロさん、有難うございます!!20170429_fog00.jpg

事前にネットで調べていたので概ね考えていた通りで合っていたようですが匠の助言により確信を持って作業が出来るので安心です。まずはデグナーのタンクバッグとベースであるクリーガのUS-Tankを取り外し、4本のトルクスを外します。20170429_fog02.jpg

あとは前方の左右2本のトルクスねじを外すとカバーが外れます。20170429_fog01.jpg

キーオンで通電する+を探します。当初キー左側にあるヘラーソケットの+から取ろうと考えていました。写真はヘラーソケットのカプラーを外した状態で、分かりにくいとは思いますがつまんでいるカプラーから出ている左の赤い線が+です。20170429_fog03.jpg

ヘラーソケットの+からはちょっと面倒だったので、Zumoの配線の+から取り出しました。ちなみにヘラーもZumoも仕様なのかキーオフにしても60秒程度通電しています。ご存知のとおりBMWのバイクは電気抵抗等を監視するCAN-BUSシステムのせいで迂闊なところから電源を取り出すことが出来ません。ですのでフォグの電源はバッテリーから直接取り出し、リレーとスイッチを使って点灯消灯をコントロールしてやることにします。20170429_fog04.jpg

スイッチを操作するときはハンドルから少し左手を離さなければなりませんが仕方ない。この場所にしか付けられませんでした。純正のものだと左のスイッチボックスそのものの交換となりハザードの下にスイッチがつくようですが、いかんせん諭吉さんが10人以上必要みたいなので無~理~(笑)今回は一葉さん一人で済みましたので良かった♪20170429_fog07.jpg

スイッチのオンオフで点灯消灯、万が一にもスイッチオフにし忘れてもキーオフで60秒後には消灯します。20170429_fog06.jpg

Zumoのキー連動の電源オンオフの挙動にも影響なしです。めでたしめでたし♪あとは暗くなってから光軸の調節をしてやれば完成です。この頃歳のせいか夜目が利かなくなってきていまして少しでも見やすく、また一灯のみより対向車からの被視認性向上や距離を把握してもらいやすくなるなどの効果も期待できますのでメリットは大きいかも。
55W×2で110Wもの電力を必要としますがオルタネーターは400Wの発電能力がありますし、ツラーテックのハロゲンフォグランプも両方で同じく110Wのようですので許容範囲であろうかと思います。しかしながらメインのライトと合わせると165Wにもなることに加えグリップヒーターやらナビやらてんこ盛りでオンにしていた場合、また速度を出せば出すほどスパークに電気を喰いますのでバッテリーへの充電が果たして間に合うのかが心配なところ。駐輪中はTmaxの時と同じくソーラーで補充電を行い暗電流によるバッテリー消費対策を行っていますが、電圧等こまめにチェックしてゆく必要はありそうです。20170429_fog05.jpg

マロさん、どうも有り難うございました!!お礼させて下さい~(笑)

先人の知恵と経験の宝庫です↓!!
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
  に ほ ん ブ ロ グ 村

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
Template by まるぼろらいと